think different 読書会を通して

昨日、ある読書会に参加してきました。
Read for actionという、ただの読書会ではない趣旨のものでした。
テーマはスティーブ・ジョブズ。
言わずと知れた、iPhoneやMacの生みの親です。

特別な成功者からは、ハウツーを学ぶよりも大切なことがあると思います
なぜなら、彼らはそもそも変わり者のため、彼らの言うハウツーが他の人に適用できるとは限らないからです。
学ぶべきは、それを支えた哲学であり、彼をそうさせた思いや成り立ちなどの方だと思います
なぜ彼らはそうしたのかです。

(※一例として、iPodが流行してから後発の製品でイヤホンコードを白にすることが流行したことがあるそうです。なぜiPodが流行したのか分析してオシャレな白いイヤホンコードだと分析したのかもしれません。しかし、あのときiPodに飛びついた人々は、イヤホンコードが白かったから飛びついたのでしょうか。そういった切り口のお話しです。)

メンバーの中でも盛り上がりました。

輝きたければ、人と違うことを恐れるな。
テクニックに偏りすぎて根っこにある純粋さを損なうことなかれ。

などの考え方が重要であろうという意見が交換されました。
人と違うことは恐ろしいことです。
みんなが盛り上がっていても、あなたは全く違った視点でそれを見ているかもしれません。
みんなと同じようには感じることができないかもしれません。

でも、義務感や「べき」論で、本来の自分を抑え込んだとしても、自分の中の声は消えはしないでしょう。
プログラムされたロボットのように生きることができたとしても、その思いは決して消えないでしょう。

その思いに応える生き方をしない限りは、何度でもノックしてくるのだと思います。
生きると言うことを諦めることなく追求してみてもいいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください