学びの落とし穴

たとえば、ポジティブシンキングについて学んだとします。
物事の感謝できる側面を見るというのは大変すばらしい習慣です。

 

たとえば、これを学んだ後に、ポジティブシンキングしていない人を見かけたとします。
文句を言われた。悪いところばかり見ている人がいてイライラする。
せっかく学んだポジティブシンキングをしていない人を見てイライラすることがあるとします。
そして、あろうことか、説教してしまうかもしれません。

それはその観点によって支配されている状態です。
人を幸せにする観点であっても、それに支配されてしまったのであればそれは自分も他者も苦しめてしまうものになり得ます。

新しい学び、新しい習慣を身につけるというのは、人をジャッジするためにすることではありません。従って、学ぶことで不寛容になるようであれば、新しい義務を身につけているようなものです。新しい学びとは新しい可能性の一つだと受け入れるくらいのスタンスがよいと思います。なぜなら、人は何にでもなれる可能性ですから。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください