「すらすら話す」ということについて

今回はすらすら話す人について取り上げます。

立て板に水というのでしょうか。意思明瞭で大変立派に表現される方がいます。
もちろん中身が伴うケースはありますが、どうも表面的で中身が伴っていないように感じるケースも中にはあると思います。

たとえば、「楽しい」と言っているが、本当に楽しいと感じているのか非常に怪しく思えるというようなことです。

自分が話すときでも、本当に自己一致した言葉を話しているのか、言葉だけが先行しているのか、気をつけないと実に怪しいものです。

ジョギングしていて「しんどい」と感じたような気がしたけれど、よくよく探ってみれば別にしんどいと思っていないかもしれません。実際の感覚と認知の間には危うい壁があるように思います

フォーカシングという手法を学んだときにこの疑問が少し氷解しました。

具体的な使用法としては、常に自分の感情や感覚について話すときに体感覚と照らし合わせてしっくりくるかどうか確かめていくと言うことです。言葉にしてみてしっくりこなければ、訂正する、訂正してもまだしっくりこなければさらに訂正する。言葉が先にあるのではなく、感覚にマッチする言葉を探していくという感覚です。

この手法の一番いいところは、うまく表現できる言葉を見つけられなくてもいいと言うことです。「何かがある」でもいいのです。言葉にできないから無いことにする必要はないと言うことです。

作文などでも、作ろうと思えばいくらでも自分の考えを装うことができそうですが、思ってもいないことを書いて本当の自分と乖離しても人の心には響かない気がします。人の心に響く言葉というのは、やはり自分と一致した言葉を使うときに出てくるのだと思います。

ただし、内側にあるものを言語化することだけがすべてではありませんので、これはあくまで一例です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください