共感、理解するためのゼロ化

恐らく、今回からは短めの投稿に戻るとは思います。
あまりボリュームを追いかけると毎回書くのが大変になり、書くのがおっくうになってくるからです。
それでは本末転倒だと思いました。

さて、最近私が最も大きな学びだと思ったのは「相手を理解するために相手と同じ経験をする必要はない」ということです。これは最もシンプルで美しく、究極の考え方なのですが、その理論のシンプルさに反して最も難しいのは、そのためには自分自身をゼロ化する必要があると言うことです。

本当に相手を理解するためには、自分の過去の反応パターンや観念、判断基準をすべて手放す必要があります。

これはなぜかというと、それをしなければ、「あなたというフィルターを通して見た相手」になってしまうからです。

十分にゼロ化できないままに相手の話を聞けば、必ずあなたは自分の判断基準に照らし合わせて相手を判断して○×を付けてしまうでしょう。結局誰かと出会っても、誰と話しても自分の価値判断基準を出ることがないのであれば、それは果たして出会いと呼べるのでしょうか。一生自分の判断基準を出られないとすれば、とても寂しいことです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください