「自分が正しい」を手放す

人類は、すべからく自分が正しいという考えを抜け出すことが出来ません。

全ての人類がそこから人生をスタートさせます。

しかしまた、「自分が正しい」という観点こそが争いを生む原因であることもまた事実です。

例えば

例を挙げますと、

自分はいつも演技的に人に合わせなければならない。

自分は正直であってはならない。本当に思っていることは決して言ってはならない。

自分には価値がない。

自分はいつも我慢していなければならない。

などなど、本当はいくらでもあるのですが、このウェブサイトの趣旨にあったものを代表的に書き出してみました。

信念体系は意識的なものから無意識的なものまで多岐にわたりますが、それが人生を規定してしまう恐ろしい呪いにもなってしまいます。

その先は

自分の生まれ持ったドラマを手放し、自由になること。信念体系は環境によって作られたものだと知ることでそこから自由になること。それが非常に大切なことです。

信念体系はあなたの意思によって作られたものではありませんので、そこに一生支配されてはなりません。

それを超えること。そしてその上で人と繋がること。これが、これからの時代に必要なとても重要な要素なのだと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください