本当の自分

このテーマはとても深く、そしてまたシンプルな世界です。

なぜなら、様々な追求をしている人がいるでしょうから。

学術的な研究方式だと、因果律から抜け出すことは難しいです。

Aという経験をしたからBという人格形成がされる。

AだからB。CだからD。

例えば、幼少期にひどいいじめに遭ったとしましょう。

その経験があって、もしかしたら人生を通して自信のない人として生きていくことになるかも知れません。しかしまた、奮起して体を鍛えて強くなって仕返しして、強い人になるかも知れません。それは、Aという経験をしてその結果BやCという結果を導き出したと言うことになりますが、どのような分岐をしたとしてもそれは条件付けられた人格形成の仕方です。

では、Cが本当のあなたでBはそうではないのでしょうか。

条件付け

条件付けられた人格形成とはとても不思議なものです。もしあなたが隣の家に生まれていたら、全く違う人になっていたでしょう。

それでは一体、あなたは何者なのでしょうか。

条件によって様々に変わっていくものが後天的な人格形成の要素だとすれば、それでは条件によって変わらない、真実のあなたとは何なのでしょうか。

それが絶対尊厳の世界だと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください