分かち合う

例えば、映画を見たいとします。
見たい映画があるので、何らかの手段で見るとします。DVDで見るかも知れませんし、動画配信サービスを使うかも知れません。

例えば、お腹が空いたとします。
スーパーで食材を買ったり、外食したりして、今はとても便利な時代なので、一人で空腹を満たすことは出来ます。

他者・関係性

5感覚、個人主義的発想から目標達成を考えたときに、あまり他者の存在というのは視野に入ってこない気がします。

目標を達成するために必要な要素としてはもちろん入ってくるでしょう。

しかし、関係性の謎が解けなければ、どれだけ目標が達成できたとしても、途方もない寂しい人生だと思います。

何を手に入れようと、何を達成しようと、誰とも分かち合えないのは例えようもない孤独な世界です。

私は、ずっとこの秘密を探ってきました。そして、ついに全ての答えを見つけました。

明確な論理とイメージによって究極的なシンプルで伝達できる世界。言語の限界を超える道具による伝達。私は、観術(5次元認識テクノロジー)に出会うために今までの全てのプロセスがあったと思っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください