あなたはあなたのままでいい

昔、反町隆史が主演していたGTOというドラマでとても感動したシーンがありました。

本当に自分に自信がなくて自己否定ばかりしているトモコに向かって、

いいじゃねえかよ!お前はお前で!

と叫ぶシーンがあります。

何度も繰り返し見て、当時は涙したものです。

私には、「あなたはあなたでいい」と言ってくれる人はいませんでした。

常に「変わらなきゃいけない」「自分が自分であってはならない」と自分を駆り立て続けて生きてきました。

果てしなく苦しい生き方です。

理由

大切なのは、「なぜ」です。

なぜ、「あなたはあなたのままでいい」のか。

その理由が大事なのです。

言葉にしてしまうと単純なのですが、それは、価値判断基準を超えた受容だからです。

条件のない他者受容・自己受容が最高級の愛だからです。

条件付けのない絶対尊厳でもしも生きられたなら、あなたは今何を感じ、何をしますか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください