私は正しい

時代によって正義は変わります。国や生まれ育ちによっても違います。

例えば現代の日本では、穏便にあまり過激な主義主張をせず、角を立てないことが全体としては良しとされています。これが西洋では、とことん個人主義的に主義主張して戦うことが良しとされています。別に西洋だけが主義主張する特徴を持っているわけではありません。お隣の韓国でさえも、きちんと自分の考えを述べ、論理を戦わすことが良しとされているのです。

一方日本では

日本は敗戦の影響から、恐らく世界で一番戦いが嫌いな国になったと思います。私は、それ自体はとても良いことだと思っています。

しかし、日本を取り囲む世界情勢を考えたときに、あるいは、この国内の政治に関する無関心さを鑑みたとき、「何もないこと、何もしないことが平和ではない」ことが論理的に分かると思います。争いはないかも知れませんが、関係性が破綻しているとも言えます。

つまり、必要なことは主義主張しなければならないのです。これが本当の尊厳民主主義の基本です。

正しさを超える

しかしここで「私は正しい」などと言い始めると、お互いの尊厳など考えられなくなるでしょう。相手を踏みつぶし、相手の主張をつぶしたくなるでしょう。勝ちたくなるでしょう。しかしそんなことよりも大切なのは、誰もが対等に主義主張できることなのです。それによって全体が良くなると言うプロセスに進むのです。

今までの時代は、誰かが正義を唱え、その他大勢が隷属するやり方でしか集団を構築することが難しかったと思います。それは何故かというと、意見を言うこと=互いにジャッジすること・バラバラになってしまうことという図式から逃げられなかったからだと思います。

「正しい意見」などというものは存在せず、全ては相対的なものです。正しいかそうでないかなど、条件によって変わってしまうのです。そのようなものに人間の尊厳を奪われることなく、一人の例外なく尊厳が守られるような時代になればいいと考えています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください