正解のない時代を生きる

私は、約10年ほどIT業界で働いてきました。それまでは主としてブルーカラーと呼ばれる職種に就いていたため、まだ仕事内容は目に見えますし、つまり肉眼で確認でき、やっていることが第三者的にも視認可能だったということがありました。

IT業界に入ってとても困ったのは、特に私は中途入社だったために、何をどうすればいいのか教えてくれる人がいなかったことです。もちろん、技術的なことは資格試験などで学習可能でしたが、現場で直面する問題は机上で学習する内容を遙かに凌駕していましたし、だれもどうすればいいのかなど分からなかったのです。

もっと困るのは、技術的な側面だけでなく、一体自分が何を提供し、何をどこまでのレベルで仕上げ、誰がその中身にOKを出すのかと言うことです。大規模でクリティカルなシステムであれば適切なマネジメントが施されることもありますが、通常はそんなものはありません。ないということは、マネジメントによって守られないと言うことです。守られないと言うことは、どこまでも果てしなく奴隷のように働くことになってしまいかねないと言うことです。

一体自分が何をしていて、なぜそれをしていて、本当にそれがするべき事なのか、分かっている人は殆どいませんでした。ただ求められるままに応え、そこに対価が発生しているのかどうかさえ分からず、エンドレスの労働の中で徐々に魂の輝きを失っていく人たちが殆どでした。

自分は一体何をしているのか

時間比例の賃金制度で働くことの一番の危険性は、一体自分が何をすることで賃金を得るのか見失ってしまうことです。賃金とは生活を支えるものである故に、それを得るためであれば人は容易に奴隷状態に成り下がります。そうすると、サービスの本質まで見失ってしまうことになります。一体誰のために、なんのために働いているのかさえ分からなくなってくるのです。

ある人は、お客様の求めに対して100パーセント奴隷のように応えることが正解だと言いました。またある人は、適切なプロジェクトマネジメントを行うため、適切に交渉するべきだと言いました。また、時代の求めるものとしてワークライフバランスの考え方もあります。ワークライフバランスの最も本質的な価値とは、外部ソースとの関わりを持つと言うことです。自らの意識の殆どを所属する会社に差し出してしまっている人の特徴は、極度に依存的であることと、またクリエイティビティを失っていると言うことです。なぜなら、仕事とは(生きることとは)言われたことをすることだと思っているからです。

自分軸を持つ

自分軸がないと言うことはとても恐ろしいことです。

しかしまた、自分軸を持つと言うことも恐ろしいことです。それは自由を選択すると言うことでもあるからです。

今の時代の本質的な危機とは、個々人がクリエイティビティを発揮しにくい環境にあると言えるでしょう。誰もが輝けるためには、ある正解や信念体系によって他者を縛り付けるようなことをなくしていかなければなりません。そのためにはまず、正解や信念体系への依存から自分自身が自由になる必要があるのです。そのためには、自らの中にある恐れに気付いていかなければなりません

感情というチャンネルから見ていかない限り分からないことがあります。自分が一体何をしているのか、そのチャンネルを通さなければ分からないこともあるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください