疑問を呈する

日本では、疑問を呈するということは一定の自分の立場を表明していると思われているように思われてきました。

例えば、政治なんかは顕著な気がします。安保法制やGPIF、TPPや豊洲移転問題などで、それこそ問題は山のようにあります。

それら、全ての問題に対して「自分はそれはいかがなものかと思う」という風に疑問を呈することは、今までは一定の効果があると思われてきました。しかし、どうやら昨今の報道や政治状況を見ていますと、そうは言っていられない時代になってきたことを思います。

例えば、山本太郎氏は国会で非常に舌鋒鋭く与党の追及をしていますが、あれだけの鋭い追求をしても結局はノラリクラリとかわされてしまう、そんなシーンを何度も見てきた人は多いのではないでしょうか。

疑問に留まらず、意見をいう時代へ

私が構造的に問題だと思うのは、結局相手に対して疑問を呈したとしても、相手は自分の正当化に忙しく、こちらの話などまるで聞く気がないと言うことです。従って、「いかがなものか」などと疑問を呈しても、「問題ないと考えています」と返されてしまったら会話がそれで終わってしまうのです。

疑問を呈するというのは相手に対して再考を求める行為かも知れませんが、意思決定を相手に委ねている行為でもあります。要するに、「いかがなものか」という言い方では弱すぎてまったく相手に通用していない、と感じるシーンが多すぎるのです。つまり、結局のところ相手に判断を委譲しているようなスタンスではまったく効果がないと言うことです。

それではどうするのかというと、結局のところ「それは間違っていると思います」「自分はこう思います」などという風に自分の考えをはっきりと述べなければならないのだと思います。そうしなければ、議論がスタートさえしないのです。

そうは言っても

でも、難しいですね。特に、日本人にとっては非言語で相手に分かって欲しいと期待する傾向が強いですので、とても難しいパラダイムシフトだと思います。そもそも自分の意見を持つということ自体が無意識的に禁止されている人も多いでしょうし、自分の考えを自分で尊重することを教えてもらえないからです。

そもそも私はどうでしょうか。私にとっても非常に難しいテーマです。でも私はむしろ、「私は出来る。あなた方は出来ていない。」という境界線スタートではなく、私自身も共に課題に取り組み、全体として一緒に変わって行ければいいと考えています。ユングの共時性という概念があるように、全てはつながっているからですし、私の課題は全体の課題でもあるからです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください